2月14日はバレンタイン♪チョコレートの効能って・・・?

  • 2016.02.12 Friday
  • 20:48



第4回ヘルスフードカウンセラー検定
受験票の販売は2月14日(日)締め切りです!

受験をご希望の方はお早めにお申し込みください(*^^*)♪

第4回検定を受けるラストチャンスです!!




さて、明日は受験票の申込締め切りと・・・・
バレンタインですねハート

大切な人への贈り物として日本では定番となっているチョコレート。
たくさんの人から愛されているお菓子ですが、実は健康効果があるって知っていましたか?

おいしいのにカラダに良いなんて魅力的キラキラ
今日はチョコレートの歴史や効能をご紹介します!


昔は薬だった?!
今ではすっかり「甘いお菓子」というイメージのチョコレートですが、カカオをつぶした飲み物「薬」として飲まれたのが始まりと言われています。その歴史は古く、4000年以上も昔・・・紀元前からと言われています。
当時は薬として珍重され、貨幣としての価値もあったと言われています。 

チョコレートの健康効果は
チョコレートの注目成分は「カカオ・ポリフェノール」。
ポリフェノールは赤ワインや緑茶などに含まれ、健康効果のあることが知られていますが、チョコレートのポリフェノール含有量はなんと赤ワインの約2倍の量と言われています。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングなどに効果が期待できます。


アンチエイジングについて詳しく知りたい方は・・・
ヘルスフードカウンセラー検定3級 p108〜109
ヘルスフードカウンセラー検定1級 第1章(p6〜21)
を見てくださいね(*^^*)/♪


そして、チョコレートの香り成分であるテオブロミンには、神経を鎮静させる働きがあり、リラックス効果が期待できると言われています。集中力を高めたいときや勉強中の休憩にチョコレートを食べることで記憶力のアップにも効果が期待できます!

ヘルスフードカウンセラー検定の勉強のおともにチョコレートがぴったりかも・・・チョコレートハート

ただし、カラダに良い、集中力が高まるからと言って、食べ過ぎは禁物です。
チョコレートは砂糖やミルクがたっぷり使われているものが多く、食べ過ぎは体重増加や肌荒れなどの原因となってしまいます。

チョコレートを選ぶときはカカオの含有量が高いものを選びましょう。
また、1日の嗜好品のカロリー量は200kcal程度が目安。
一般的な板チョコ1枚でも400kcalくらいありますので注意しましょう。

食事バランスガイド(ヘルスフードカウンセラー検定3級 P27)にも、「菓子・嗜好飲料は楽しく適度に」と書いてありますので見てみてくださいねクローバー
 

ヘルスフードカウンセラー検定では、食材の栄養素についても学ぶことができますりんご
少し知っているだけで、毎日の食材選びやお菓子選びも変わってきますね☆

明日のバレンタインはただ甘いだけじゃない、チョコレートの健康効能など魅力もたっぷり詰め込んで彼や旦那さん、友達や家族など大切な人にプレゼントしてくださいねプレゼントハート




2月20日開催!
ヘルスフードカウンセラー検定試験対策講座(1級・2級)


お申し込みはこちら




自宅での学習をしっかりサポート!
3級は通信講座で登場!!

詳細・ご購入はこちら




HFC検定問題集販売中!

合格に向けて、効率よく勉強を進めたい方は、ぜひ、ご購入ください!
購入はこちら










ヘルスフードカウンセラー検定とは
栄養学・医学・調理学に基づく食の知識を持ち、健康的なライフスタイルを総合的にサポートするヘルスフードカウンセラー協会が認定した食の資格です。


ヘルスフードカウンセラー協会
http://www.abc-cooking.co.jp/hfc/
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM