苦手克服!ブログ講座≪1級≫栄養指導とは?

  • 2016.03.11 Friday
  • 11:10

みなさんこんにちは!
東京・横浜・名古屋会場で受験をされる方は明日が試験本番ですね!!
みなさん試験勉強は順調でしょうか!?
また、体調管理にも十分注意して下さいね!!


今日はヘルスフードカウンセラー検定1級の解説を行っていきます!

3級・2級と同様、
皆様の苦手分野を中心に取り上げていきますよほっしぃき


〜1級〜
栄養指導とは
(教本69ページ〜)



栄養管理とは、疾病の治療や低栄養の予防に必要な栄養上の介入のことをいいます。
栄養管理は手順を追って進めていくため、栄養管理の流れはきちんと覚えておきましょう!

〜栄養管理の流れ〜

1.栄養スクリーニング
栄養管理を行う際、まず最初に行うのが栄養スクリーニングです。

すべての人が栄養上のリスクを持っているとは限らないため、
栄養スクリーニングを行い、栄養管理を必要としている人を的確に抽出をしていきます。
   ↓↓↓↓↓

2.栄養アセスメント
栄養スクリーニングで何らかの問題が疑われた人に対して行うのが栄養アセスメントです。
栄養アセスメントとは対象者の栄養状態を客観的に評価することです。

栄養アセスメントの手法としては、
直接的なものとして身体計測・臨床検査・臨床審査
間接的なものには食事調査があります。
どんな項目があるのかきちんと覚えておきましょうね!!

そして、特に見て頂きたいのが食事調査についてです。
それぞれの特徴をきちんと押さえておきましょう!!!!

ゝ録法
 ⇒食べた食品名と重量を記録する秤量記録法と計測はせず、目安量で記録する目安量記録法がある
  秤量記録法の場合  : ごはん150g 納豆50g
  目安量記録法の場合 : ごはんお茶碗1杯 納豆1パック

陰膳法
 ⇒実際に食べたお食事と全く同じ食事を用意し、収集して化学的分析を行う方法
  非常に正確ですが、手間や費用がかかるのが特徴的

24時間思い出し法
 ⇒前日に食べたものを思い出してもらい、食事内容を聞き取りする方法
  聞き取りで摂取した量を推定していくため、カウンセラーの力量が問われるのが特徴的です。

た物摂取頻度調査法
 ⇒過去の食生活習慣を把握し、栄養素の摂取量を推定する方法
  アンケート形式で実施するものが多く、大人数の調査に適用されます。

    ↓↓↓↓↓

3.栄養管理計画の作成

栄養アセスメントの結果に基づき、適切な栄養管理プラン(栄養ケアプラン)を作成します。
栄養管理計画は栄養補給・栄養教育・ほかの職種との連携
大まかに3つの要素についてプランニングします。

また、栄養管理を行う上で、目標を設定することはとても重要です!!
栄養管理の短期的な目標と長期的な目標を設定し、計画を作成します。
目標設定の5つの注意点があります!
教本73ページの項目はきちんと頭に入れておきましょうね!!

     ↓↓↓↓↓

栄養管理計画が作成できたら、実施⇒モニタリング⇒評価を行いますひらめき

しかし、評価を行ったらここで終わり!というわけではありません。

目標を達成できなかった場合は、再度目標の設定を行ったり、
実施中に問題があった場合はその改善策を考えてるなど、
プランの見直しをかけて再度目標に向かって栄養管理を行っていきますちゅん



栄養管理について理解できましたでしょうかちゅん
試験合格に向けて最後の復習に役立てて下さいね(^^)!



ヘルスフードカウンセラー検定とは
栄養学・医学・調理学に基づく食の知識を持ち、健康的なライフスタイルを総合的にサポートするヘルスフードカウンセラー協会が認定した食の資格です。


ヘルスフードカウンセラー協会
http://www.abc-cooking.co.jp/hfc/
   

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM